限度額

学生ローンの限度額は?

学生ローンでは、基本的に50万円を上限の限度額としているところがほとんどです。

学生ローン

学生ローン会社が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合は、収入を明らかにする書類の提出を求めなければいけないと貸金業法で定められています。
もし上限を超え学生さんに50万円以上を貸そうとしても、この書類のやり取りが発生するので、学生ローン会社にとっては面倒が増えてしまいます。

アルバイト収入しかない返済能力の低い学生に、学ロン含め何百万もの高額なローンを組むことはできないのです。

学生でなく、社会人やフリーター(アルバイト)の方などが学生ローンを利用する場合は、学生ローンの金利で80万円を上限とし融資してくれる会社も一部あります。

学生ローンは希望額を貸してくれるの?

じゃあ限度額の50万円まで借りちゃおう!そう思っても、希望額の50万円融資してくれるとは限りません。

初めての場合は「この人はきちんと返してくれるのかな?」ということを見るためにも、希望より少ない額の融資になる場合もあります。

学ロンと総量規制

学生ローンも総量規制の対象になりますので、年収の3分の1までしかお金を借りることはできません。
もし月のアルバイト代が5万円の人は、年収は60万円になります。その3分の1なので、20万円が融資の限度額になります。

学ロンと収入証明書

申込みの際に今の年収額を入力しなければいけません。基本収入証明書の必要はありませんが、嘘の年収を伝えても、結局返済不能に陥るだけですので、年収は正しく伝えるようにしましょう。

学生が50万円以上借りるには

収入が150万円以上あれば、50万円以上借りることも可能です。
一部の学生ローンでは50万円以上貸してくれるところもありますが、大手消費者金融で借りることもできます。学生のうちに50万円以上借りることはあまりおすすめしませんが、どうしてもという場合はよく考えて利用しましょう。
学生でも利用できる消費者金融はこちら