返済できない場合

学生ローンを返済できない場合

返済できない

学生ローンで返済ができなくなるとどうなるのでしょうか。返済計画を忘れて、お金を使いすぎたりして返済ができなくなってしまう学生さんもいます。いざ返済ができなくなってしまうと困ったことになります。

学生ローン返済を親が立て替える

申込み時に実家の連絡先を入力します。通常通りの利用でしたら、親に連絡が行くことはありませんが、本人がローンを返済できない場合は親に立て替えてもらうため連絡が入ります。
親に迷惑をかけないためにも「返せない」なんて事態にならないように注意しましょう。

学生ローンでもブラックリストに載る

「ブラックリスト」と聞くととても恐ろしい感じがしますが、
「ブラックリスト」とは信用情報機関のデータベースのことを指します。

信用情報機関とは、ローン会社などから登録されるお金を借りた人の情報を管理する機関です。ローン会社はお金を貸す際に、この信用情報機関のデータベースを使って、その人の情報「他に借金はないか?」「他でいくら借りてるのか?」「今まではちゃんと返済していたか?」などをチェックします。
このデータベースを全国の貸金業者で共有していることで、スピーディな審査・融資が可能になっているんです。

もし学ロンを返済ができなくなると、この信用機関のデータベースに記録され、一定期間信用に傷がついた状態になります。この状態がブラックリストに載った状態です。

ブラックリストに載ると、一定期間、他の業者から借り入れができなくなったり、例えば車のローンが組めなくなったりします。いざお金が必要になった時に融資を受けることができないのは大変困った状態です。
どうして学ロンを返済できないのか、借入先に早めに相談するようにしましょう。