車やバイクのローン

学生ローンは車やバイク購入目的でお金を借りる事ができるか?

学生になると、自分で車やバイクを購入する人もいるでしょう。
学生ローンの借りる目的でも多いのが車やバイクの購入です。

しかし中古でも数十万する自動車やバイクは、なかなか学生が購入するには大変ですよね!(社会人でも大変ですが)

車やバイク

そんな時学生ローンの利用は可能でしょうか?
学生ローンは利用目的が自由なので、もちろん車やバイクの購入に充てることが可能です。
車やバイクを手に入れると行動範囲も広がり、将来の役にも立ちます。
アルバイトをしてきちんと返済する前提で、学生ローンを利用しましょう。

学生ローンでいくらまで借りれるのか?

学生ローンのサイトを見てみると「最高50万円までご融資可能!」なんて書いてありますよね。しかし誰でも50万円借りられるわけではありません。

学生ローンも総量規制の対象ですので、50万借りるには、年収が150万以上ないと借りられません。年収150万というと、月12〜13万円のアルバイト代になります。
もし年収が十分にあっても、初めての利用者にいきなり50万円貸してくれることはほとんどないでしょう。実際は年収にもよりますが5〜10万円程度の融資になります。

車やバイク代〜「毎月の返済額」と「支払総額」は?

30万円の中古バイクを買ったとします。
金利が17%で返済回数を24回(2年)とすると
毎月の返済額は14,832円です。*
支払総額は355,957円です。
*学生ローンでは「元金自由返済方式」という返済方法がほとんど。
毎月利息分以上の入金を行えばよく、元金については返済額を毎月自分で決められますので、14,832円は平均の金額です。目安にしたくださいね!

車やバイクを購入する際の注意点

車やバイクを所有すると、購入費用の他にも様々な出費が発生します。
まずは駐車場代、ガソリン代がかかります。それから、年間でかかってくるのが自動車保険や自動車税、さらに車検などにもお金がかかってきます。さらにメンテナンス費や修理費もゆくゆくはかかってきます。
これらの出費は毎月発生するので、その都度学生ローンのお世話になることはできません。慢性的にお金がない状態の人にお金は貸してくれませんよね。維持費はアルバイト代で賄うしかないでしょう。
車やバイクの購入前に、これらの維持費も頭に入れておく必要があります。