親バレしないで借りる方法は?

学生ローンは親バレしてしまう?

親バレ

学生さんの中には「お金なんて借りたら親にすぐバレる!」そう思っている人も多いと思います。
学生ローンで借りればその心配はありません。学生ローンでは、親や友達、恋人にバレないようにお金を貸してくれます。

学生ローンはネットで申し込むところがほとんどですが、申し込みのときには実家の住所や連絡先を入力しなければいけません。ただ、審査の段階で親に連絡が行くことはありません。無事に審査が通れば、そのまま親バレせずにお金を借りることができます。

親バレせずに学ロンで借りたいときに注意すること

確認電話

学ロンの審査の段階で、わざわざ親に確認を入れることはないが、電話で本人と話さなければ審査できません。なので審査の際に電話がかかってきますが、実家の固定電話でなく、 自分のスマホに掛けてもらうようお願いしておけば、親が電話を取ることもなく安心です。
学ロンの申し込みの段階で、実家に電話が行く場合もあります。その場合も、 事前に本人の同意を得てからかけてくれます。いきなり電話してくることはありませんよ。

郵便物

学ロンの契約書類などの郵便物も要注意です。そのままの社名で送られてしまうと、同居している親や友人などにバレバレですよね。
でも学生ローン業者だとわからないよう社名を伏せて送ってくれるところがほとんどなので、希望する場合は あらかじめ伝えておきましょう。
これで、勝手に郵便物を開けられてしまったりしない限り、親バレすることはありません。

親バレ

親にバレるケース

学生ローンでも親バレしてしまうこともあります。それは、 きちんと返済しなかった場合です。 普通に返済をしていればバレることはありませんが、もし滞納し、業者からの電話にも出なかった場合、親へ連絡がいくことになります。
これは自分が悪いので仕方がないですねよね。

学ロンの返済日を過ぎたからといって、すぐに親に電話がいくわけではありません。「返済が遅れます」と正直に、学生ローン会社に電話しましょう。遅れそうな時は速やかに!
事前に電話をすれば返済を待ってくれるところがほとんどです。