社会人でも借入できる

学生ローンは社会人でも借入できる?

学生ローンと言うと、学生しか借りられないイメージがありますが、実は社会人のみなさんでも利用できるんです。学生が利用する場合は学生証が必要ですが、社会人の場合はもちろん不要です。

社会人が学生ローンを利用するメリット

社会人がお金を借りるとなると、プロミスやアイフルなどの大手消費者金融や銀行のカードローンを検討するかもしれませんが、学生ローンを利用したほうがメリットがある場合があります。

社会人が学生ローンを利用するメリット

  • 最高金利が消費者金融よりも低くなる場合がある
  • 消費者金融や銀行よりも 審査が簡単

学ロンでは社会人も学生と同じ低い金利で借りられる?

社会人でも借入

学生ローンの金利は 14.40%~17.00% ほどになります。
一方、大手消費者金融の最高金利は17.8%~18.0%です。
どの金利で借りられるかは利用者によって異なるので、一概には言えませんが、
金利が最高金利になる場合は、学生ローンの方がお得になります。

もともとが収入の少ない学生のために少額を低金利で融資するのが学生ローンです。
それが広がって社会人にも利用できるようになりました。

学生ローンのキャンパスではヤングローンという名前で、社会人向けに年利16.20%(または16.80%)でサービスを行っています。

学生ローンのキャンパス
対象者 :20歳~34歳の社会人の方
     今年度新卒採用の社会人の方
年 利 :16.20%

金利は低い方が助かりますよね。金利も面でも学生ローンを利用するとお得になるメリットがあります。

学ロンは面倒な審査も、消費者金融や銀行より簡単

学生ローンを利用するメリットとしてもう一つ審査の甘さがあります。 学生ローンでは在籍確認のないところがほとんどで、お金を借りていることを周囲の人に知られたくない社会人が利用する場合が多いようです。
学ロンの在籍確認のない理由として、融資金額の低さがあります。少額の融資のために在籍確認などをいちいち行っていると業者側もコストがかかるというのがあるのでしょう。
学生よりは経済力のある社会人ですから、審査に落ちることも少ないようです。

社会人でも借入

社会人が利用できる学生ローン

学生ローン会社の多くは社会人も利用できます。しかし社会人が利用するに学生が利用する際とは少し条件が異なるので注意しましょう。

1)年齢制限

社会人と言っても何歳でもOKというわけではありません。
20~34歳と年齢制限がある場合もあります。社会人と言っても若い年齢の方が主なユーザーなのですね。

2)必要書類

学生の場合は、学生証のみまたは学生証+身分証明1点 などが必要書類となりますが、
社会人の場合は、
保険証+給料明細+顔写真付きの公的身分証1点 (運転免許証orパスポートor住民基本台帳カード)など必要書類が多くなる場合があります。

また、明記されていなくても収入証明書の提出で、金利が優遇される場合もあります。
収入証明書とは、給与支払明細書、源泉徴収票、課税証明書などのことです。
少額の借入であれば、収入証明書が不要な場合もありますが、高額の借入を希望する場合は、収入証明書の提出を求められる場合があるでしょう。
手元に準備しておくに越したことはありませんね。

3)在籍確認

学生ローンは学生が利用する場合は在籍確認はありませんが、社会人が利用する場合は在籍確認がある場合があるようです。
在籍確認と言っても、ローン会社とわかる形で電話してくるわけではありません。
「佐々木と申しますが〇〇さんはいらっしゃいますか?」
など個人名でわからないように確認をするようです。
業者によって異なりますので、在籍確認が気になる方は事前に確認するようにしましょう。

社会人が利用できる学生ローン以外のキャッシング

20歳以上の社会人であれば、一般的な大手消費者金融を利用することももちろん可能です。
スピード審査や土日も利用できる、在籍確認なし、ネット完結、一ヶ月無利息など、学生ローンにはないメリットもたくさんあります。

>>社会人が利用出来る在籍確認なしのローン