未成年が借入するには

学生ローンで未成年が借入するには

大学生になると、お金が必要になる時がたくさんありますよね。学費や家賃、サークル費、旅費など、未成年であってもお金が足りなくなる時はあると思います。
プロミスやアイフルなど大手消費者金融は、20歳以上が申し込み条件なので、未成年では利用できません。学生ローンでは未成年でも借入ができる会社もあります。

未成年の借入

未成年が利用できる学生ローン

学生ローンとは、大学生や短大生、専門学校生など、高校生以外の学生を対象とした学生ローンです。アルバイトをしていて安定した収入がある人が利用できます。審査も簡単なので、学生には利用しやすいローンになっています。

では何歳から学ロンの申し込みができるか、ということは明記されていません。
例えば
学生ローンのマルイの融資対象者を見てみると、
・ 安定した収入のある学生の方、又は当社基準を満たす方
(大学生・大学院生・短大生・専門学生・予備校生等)

学生ローンのカレッヂでは
・「高卒以上の学生さんであれば、限度額10万円の範囲内となりますが、お申し込み頂けます。(要審査)」
・日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。安定した収入のある方

となっています。こちらの2社は未成年でも借入できるようですね!
一方
学生ローンのアミーゴの場合
・貸付対象者:20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
と明記されています。
このように学生ローンでも20歳以上しか借りれない会社もあるのです。

学生ローン保護者への確認や保証人について

学生ローンでは、保護者への確認や保証人、担保は多くの業者では原則必要ありません。
学生ローンの融資額は50万未満と、一般的な融資に比べれば少額になりますので、未成年であっても、親への確認や保証人を必要とせず、安定したアルバイト収入などがあれば、融資が可能ということです。

しかし一部の学ロン業者では、未成年者の契約には、親権者の保証人が必要となっています。

学ロンで未成年が借りる際の注意点

未成年でも学生ローンを利用することができますが、注意点もあります。

1)借りすぎない

未成年だからと言って学ロンで返済できなくてもOKということにはなりません。
20歳以上の成年と同じく、返済義務があります。海外では学生ローンを借りると親から独立した成人、そんな風に見られます。日本ではそんな考えはありませんが、保護者への確認などがない分、未成年であっても自己の責任において借金をしなければいけません。
学ロンが返済ができなくなると親に連絡が入る場合もあります。
自分の収入の状況を考えて借入をしすぎないように注意しましょう。

2)学ロンの上限に注意

未成年の学生ローン利用の場合、10万円以内と決められているところもあります。
収入から言えばもっと借りられる、そんな人もいるかもしれませんが、決められた金額以上は借りることはできませんので、あらかじめ確認するようにしましょう。

3)無理に学生ローンを利用しない

学生ローンでお金を借りれば、利息が取られますし、返済できないと面倒なことになります。
言いにくても、親などに借りれる場合は、その方が懸命でしょう。

4)問題のある金融業者に注意

未成年がお金を借りる場合、便利そうな業者がいろいろありますが、中には危険な業者もあります。トラブルに巻き込まれないためにも、妙に条件の良い業者などには注意するようにしましょう。

未成年でも借入可能な、老舗の学生ローンをまとめましたので参考にしてみてくださいね。

未成年の借入 保護者の承認、保証人
学生ローンのマルイ 原則不要
学生ローンのカレッヂ 担保不要、保証人原則不要
学生ローンのベル 原則不要
学生ローン フレンド田 親権者の保証人が必要
アイシーローン学生ローン 不要
イー・キャンパス ×(20歳以上) 不要
学生ローンアミーゴ ×(20歳以上) 不要
学生ローン友林堂 ?
学生ローンの学協 ?

お祝い金1万円!東京都飲食店アルバイト求人サイト★ペコリッチ★ 友達も自分も得する紹介ボーナス!