年齢制限

学生ローンの年齢制限

学生ローンに年齢制限はあるのでしょうか?学生と言っても年齢って様々ですよね。高校を卒業したての18歳の未成年の人もいれば、大学に入り直した60歳の人もいますよね。

学生ローンの年齢制限の上限

学生ローン

学生ローンは決まった年齢制限の上限はありません。ローン会社によって「34歳まで」などの上限を設けている会社もあります。 基本学生であれば申請ができますが、あまり年齢が高い場合は審査に通りにくいケースもあるようです。そして学生でなく、社会人であっても学生ローンを組める会社もあります。学生ローンは審査が甘めであることから、社会人だけどあえて学生ローンで借りるという人も多くいます。

学生ローンの年齢制限の下限

学生ローンの年齢制限の下限は、「20歳以上」となっている会社が多いです。20歳以上であれば学生ローンでも、一般の消費者金融でもお金を借りることができます。

20歳未満は?

では18歳、19歳の未成年はどうでしょうか?18歳、19歳が借りられる会社も一部あります。年齢制限に関しては各社のHPに記載があるので、そこで事前に確認ができます。※高校生が借りられるところはありません!

日本では20歳未満が単独で金銭の契約を行うことが法律で認められていません。
もし未成年者が親の許可なしにローンを組んだ場合、「未成年者契約の取消し」といって、親権を有する者または本人がいつでも契約破棄できます。
20歳未満の人はお金の知識が不足していたり、判断能力がまだまだ未熟とみなされています。そのため20歳未満の人が借金地獄などに陥らないようこのような法律で守られているのです。

年齢を偽るとどうなる?

ただし「自分は未成年じゃない」とか「親の同意を得ている」と嘘をついて借りた場合は契約破棄や返金がされない場合があります。

20歳未満にお金を貸さないのはどうして?
学生ローン

20歳未満にお金を貸すと、このように未成年者保護により踏み倒されてしまうリスクがあるので、一般的に金融業者は20歳未満にはお金は貸さないのですね。学生ローンでも20歳以上という年齢制限を設けている会社が多いのです。

ではなぜ貸し倒れのリスクを抱えながらも、学生ローンの中には18歳,19歳にもお金を貸す会社があるのでしょうか?

  • 「未成年者契約の取消し」を知らないので踏み倒す学生が少ない
  • 貸すお金が少額なので、親の同意を得る手間やコストが割高になる
  • 親から回収できる

金融機関は一定のリスクも踏まえて営業をしているので、未成年者への貸し倒れが起きても、それを上回るメリットがあるのでしょう。

20歳未満が学生ローンの契約取消しをしたら、ブラックリストに載る?

未成年者が学生ローンの契約を取消しても、債務整理にはあたらないので、ブラックリストに乗ることはありません。しかし、その後その会社や関連する会社でお金を借りることは厳しくなることは想像に固くありません。

年齢を偽ってお金を借りたり、返済能力の低い20歳未満の人が学生ローンを利用することはおすすめしません。
20歳以上でしてら消費者金融も利用できますよ!


お祝い金1万円!東京都飲食店アルバイト求人サイト★ペコリッチ★ 友達も自分も得する紹介ボーナス!