在籍確認

学生ローンに在籍確認はあるのか

一般的なキャッシングでは在籍確認が行われます。勤務先に電話がかかってきて、借金がバレてしまう、、そんなことを恐れてキャッシングをしない人もいます。

在籍確認

学生ローンでは基本的に在籍確認は行われません。学生ローン会社から、バイト先に電話がかかってくる、ということはないわけです。

在籍確認とは

在籍確認とは、お金を借りる人が申告した勤務先に 「本当に在籍しているか」貸す会社が確認をとることです。現在は、消費者金融や銀行などほとんどの業者で在籍確認が行われます。

借入を申し込む際に勤務先の情報を伝えます。
もし勤務先に在籍していないとなると、嘘をついていることになり、お金を貸しても返ってこない可能性が高くなります。こういったケースを避けるため、在籍確認をし、労働によって返済が可能であることを確認しているんですね。

在籍確認の方法

在籍確認は、本当にその会社に勤めているのかがわかれば良いので、基本的には電話で行われます。

在籍確認は電話で
在籍確認

「山田ですが、斎藤さんいらっしゃいますか?」など個人名で電話がかかってきます。
もし「〇〇キャッシング」などと名乗れば、その人が借金をしていると職場にバレてしまいますよね。業者もそこまでせず、職場にはバレないような配慮をしてくれます。

学生ローンの場合は、基本的には在籍確認はしませんが、もしアルバイト先などに確認が必要になった場合は、本人に「電話しますけどいいですか?」と事前に了承を得る形のところがほとんどです。
この場合も、学生ローン会社からだとわからない形で電話してもらうことも可能です。

学生ローンの在籍確認がないのはなぜ?

学生ローンでは融資の上限が50万円のところが多く、50万円までは「収入証明書」が必要ではないのです。そのため学生ローンでは、自分のアルバイト先や年収を自己申告するだけでいいんです。
少額であれば、すぐに返済してもらえるのでわざわざ在籍確認をしないという理由もあります。

また学生の皆さんは、正社員ではなくアルバイトや短期の派遣労働など非正規雇用の場合がほとんどです。言ってしまえばいつ辞めてもおかしくない状況です。そんな人に対して在籍確認を行ってもあまり意味がありません。業者側の在籍確認の手間や審査スピードにも関わってくるので、学生ローンでは在籍確認はしないのです。

在籍確認が必要なケース

在籍確認

学生ローンは基本在籍確認は行わないが、在籍確認が必要になるケースもあります。
それは50万円以上の融資を行う場合です。学生ローン会社によっては80万円までOKなどの会社もあります。この場合在籍確認が行われますが、事前に本人に了承を得てから電話をしてくれるので、OKかNGか伝えましょう。在籍確認を断った場合は残念ながら融資を受けられないこともあります。
いきなりアルバイト先に電話がかかってくることはないので安心ですね。

社会人が利用する場合の在籍確認

学生ローンは在籍確認がない、このメリットを利用し、若い社会人が学生ローンを利用することもあるんです。在籍確認が心配な会社員やフリーターなどには嬉しいサービスですね。

社会人になると、「結構な額を借りたい、、」そんな人もいると思います。しかし!「学生ローンでも50万円を超えると在籍確認がある」ということを忘れないようにしましょうね。

在籍確認がないからといって、バイト先や年収をごまかそうとしても、その時はうまくいっても、バレてしまったら大変なことになります。
バイトもしてないのにお金を借りても、そっちの方が後々さらに大変になりますので、バイトをしていないなら業者からは借りない、バイト先は嘘をつかないことが大切です。