他社借入があるけど申し込みできる?

学生ローンは他社借入があっても利用できる?

学生ローンでは、他社のローン会社からの借り入れがあっても、申し込みをすることはできます。例えば、学ロンA社で5万円の借り入れがあっても、さらに学ロンB社で5万円を借りることも可能です。

他社借入がある場合、年収の3分の1という制限に注意!

他社の学生ローン業者からすでに借入れをしている場合であっても、新規申込みをすることは可能ですが、「実際に借りられるとは限らないので注意してくださいね

お金を借りるときは、「総量規制」という「年収の3分の1までしか借りられないという制限があります。50万円借入れをするためには、年収が150万円なければいけないのです。

「年収の3分の1」というのは、1社に限ったことではなく、全体の借金の金額になります。
大まかに言うと、年収が150万円ある人は50万円まで借りることができますが、すでにA社で20万円借りている人は、B社では30万円までしか借りることはできません。

学生で年収が150万円ある人はなかなかいないかと思います。年収が少ない人は申込時に総量規制を意識するようにしましょう。

学ロンの他社借入状況で嘘を言ったらどうなる?

「他の会社から借り入れは黙っていればバレないだろう」と、嘘を言ってしまう申し込み者も多いようです。しかし、嘘は必ずバレてしまいますよ。
金融機関からの借入状況は、「すべて信用情報機関に保管されています。学生ローンの審査では、ローン会社がこの信用情報をチェックしますので、「他社からの借入がどれだけあるのか」ということはその場ですぐにわかってしまいます。
嘘を言ってごまかそうとしても無駄なんですね。

学ロンの審査の際には、その人が信頼できる人なのかもチェックされています。「嘘をつくような人は、きちんと期限通りにお金を返してくれるだろうか」とこのように思われてしまい、審査に通らないこともしばしばです。学生ローンの申し込みの際には、「他社からの借入れ状況は正確に答えるようにしましょう。

学ロンで、他社からの借入状況を伝えるときは

ちなみに、学ロンで他社から借入状況を伝えるときは、そのときの「残高」を伝えるのが基本です。
ざっくり言えば、年収150万円で他社から30万円借入れをしていて、すでに20万円を返済していれば、残高が10万円なので、最大40万円を新規に借入れすることができます。
実際には、このように限度額いっぱいを融資してもらうことは難しいのですが、可能ではあるんです。
信用情報にはその人の返済状況も記録されているので、滞りなく返済していくことも重要です。