ギャンブルの借金返済

学生ローンはギャンブル目的で借りられる?

ギャンブル

パチンコ、パチスロ、競馬、麻雀などのギャンブル目的で、学生ローンでお金を借りることはできません。ギャンブルでの利用を伝えた瞬間に審査に落ちるのは間違い無いでしょう。
お金を借りてまでギャンブルをするような感覚の人は、返済能力を疑われても仕方ありません。そのような人にお金を貸してくれるところは無いでしょう。
「次は必ず当たるから、、、」そんな不確かな約束は、貸金業者には通用しません。
たとえ審査甘めの学生ローンとはいえ、パチンコ代を借りることはできないのです。
約款で、ギャンブル目的での融資を断っている業者もあります。

嘘の理由で学生ローンをギャンブルに使った場合

学生ローンの利用目的を「ギャンブル」と言うと審査落ちすることが分かっていて、嘘の利用目的を言う学生さんも多くいます。これはとても不誠実で、悪質な行為です。

1)審査の段階でバレて審査落ち

旅行やショッピングなど、適当な理由でやり過ごそうとしても、電話でのやり取りで嘘を見抜かれることが多いです。特に、学費目的と言った場合は、業者によっては金利が優遇されるところもあり、学費請求書などの提出を求められます。この段階で嘘がバレてしまいますね。
嘘をついていることがバレ、本当はギャンブル目的となると100%審査には通りません。

2)嘘がバレずにお金を借りれたとしても

巧みな話術で、嘘の目的で審査にパスしたとしても、結局返済が滞ってしまう学生さんが多くいます。滞納すると遅延損害金が発生し、さらに余計にお金を払わければなりません。親に連絡がいったりブラックリストに載ってしまうこともあります。

返済に追われ、精神的に追い詰められたり、留年してしまうケースもあります。ギャンブル目的で学生ローンや消費者金融をあてにするのはやめましょう。